紅茶,等級,品質

「等級」と聞くと、品質のレベルかな、と思う人が大半だと思います。

でも、実は紅茶(茶葉)でいう等級とは、品質とは関係ないんです

今回はそんなお話をしたいと思います。

紅茶の等級の本当の意味は?

実は、等級が示すのは、「茶葉の大きさや形状」で区分したものになります。

何のために分類するの??

分類することで、それぞれの茶葉について、紅茶を淹れる際の抽出時間等の目安が分かりやすくなります。

そのため、どんな茶葉を使ったとしても、いつも美味しい紅茶を淹れられるようになりますよ。

一般的には大きく分けて下記の4つに分けられます。

4つのタイプ

  1. リーフタイプ(茶葉を切断せず、そのままの状態)
  2. ブロークンタイプ(葉を切断した状態)
  3. ファニングス・ダストタイプ(切断したものをふるいにかけた状態)
  4. CTC製法

細分化しようとすれば、かなり細かく分けられますが、下記の分類くらいで充分かなと思います。

リーフタイプ

このタイプは、茶葉を切断せず、葉っぱの形状そのままの状態のものです。

OP:オレンジペコー

1㎝前後で、細長くねじれた形状です。

浸出した水色(すいしょく)は明るいです。

やわらかい若葉と、芯芽(割合は少なめ)が入っています。

FOP:フラワリーオレンジペコー

「OP」の中で、芯芽がとても沢山含まれているものです。

芯芽が多ければ多いほど高級になっていきます。

淹れた後は花のような香りがするのが特徴です。

PS:ペコースーチョン

下の「P」よりも固く、形状もさらに太く短いです。

残念ながら芯芽は入っていません。

そして、香りや水色も弱めです。

P:ペコー

「OP」よりも若干硬めです。

形状は太く短く5㎝前後でしょうか。

香りや水色は「OP」よりも若干薄いですが、コクがあります。

S:スーチョン

「PS」より、丸くなった形状です。

「PS」同様、水色が弱めですが、味はしっかりとしています。

ブロークンタイプ

このタイプは、葉っぱを切断した状態のものです。

BPS:ブロークンPS

「PS(硬めの部分)」の茶葉を切断して、ふるいにかけたものです。

「PS」が基になっているので、PS同様、香りや水色は弱めです。

増量用で使われることが多いです。

BOP:ブロークンOP

「OP」を切断して、ふるいにかけたものです。

もちろん味は「OP」と同じです。

ただ、茶葉が細かくなっているので、抽出時間は短くなって、水色や香りやコクも強めです。

市販品ではこちらがよく出回っています。

FBOP:フラワリーBOP

「FOP」を切断して、ふるいにかけたものです。

芯芽が多く含まれており、味にコクがあります。

抽出時間も短く、香りも豊かです。

ファニングス・ダクトタイプ

このタイプは、切断したものをふるいにかけた状態のものです。

BOPF:BOPファニングス

「BOP」をさらにふるいにかけたものです。

1~2㎜くらいになります。

BOPよりもさらに抽出時間も短くなり、香りも水色も強いです。

濃くなりがちのため、ミルクティーを淹れる際に使われることが多いです。

F:ファニングス

「BOPF」をさらにふるいにかけた際に出る、非常に細かい茶葉です。

抽出時間が短く、水色や味も濃いめです。

ティーバッグなどで使われます。

D:ダスト

茶葉をふるいにかけた際、一番小さい状態の茶葉で、ほとんど粉末状です。

ほぼティーバッグ用に使われるといっても過言ではありません。

因みに、別に「ほこり(埃)」という意味ではありません。

CTC製法

CTC製法は?

茶葉を作る過程ではいくつかの製法があります。

詳しくは別記事で紹介しますが、そのうちの一つにCTC製法という作り方があって、その製法によって作られた茶葉のことを言います。

このCTC製法の中にも、それぞれBOPなどの分類がされています。

まとめ

いかがでしたか?

すべてを覚える必要もないですけれど、茶葉を選ぶ際の目安になれば良いですね。

多過ぎるし・・・。似てるような名前ばかりだし・・・。

確かにね・・・。しかも世界で統一された規格ではないので、難しいと思います・・・。

ただ、「B」はBrokenの頭文字なので、Bが付いているものは細かい茶葉と覚えておけば、少しは楽になるかも・・。細かい茶葉なので紅茶は抽出しやすくなりますね。ミルクティーで入れる時にはB付きの茶葉を使うのが良いかもしれません。もちろん、生産地や状態によって違うと思ので、一つの目安として覚えておく良いと思います。

 

やっぱり複雑だなぁ・・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事