ホットウォータージャグの使い方

ホットウォータージャグとは?

メニューに紅茶がある大手チェーン店や、簡易的な紅茶を出す喫茶店などでは、基本的に1杯しか飲まないと思いますから、この「ホットウォータージャグ」という言葉はあまり聞きなれないかもしれませんね。

またそんなマニアックなものを・・・

いやいや、そんなこと言ったら紅茶好きの人たちに叱られますよ。

ティーポットとは別に、熱湯のみが入った容器が出されます。

それがホットウォータージャグと言われるものです。

ホットウォータージャグの使い方

フィンガーボールみたいな感じ?

いやいや、熱湯って言うてますけど・・・。

主な用途は紅茶の味を調整するため(薄くするため)に使います。

お店で出される紅茶の濃さは若干違うでしょうし、人によって濃さの好みは違いますので、濃いかな、と思ったら差し湯をして薄めて飲むために使います。

お子さん等にとっては濃い紅茶は苦いと感じてしまうこともあるでしょうから、そのためにもこれがあれば便利です。

店によっては、1杯目の紅茶を淹れた際の茶葉が残ったティーポットもテーブルに置かれますから、2杯目を飲むためにそのお湯を注ぐ、ということもあるようです。

差し湯は、ポットに注ぐわけではなく、カップに注いで調整します。

ただ、個人的には紅茶はやはり沸騰したてのお湯と、新鮮な茶葉で紅茶を淹れたいと思いますので、2杯目を飲むためにホットウォータージャグを使うのは少し気が引けます。

ホームパーティーとかでたくさん飲んだりするときは、そういう手軽な方法も便利かもしれないけどね。

そうですね。ただ2杯目は目の細かいストレーナーでしっかり注ぐことと、苦みが増したりすることもあるので、ミルクティーにするなどして工夫すると良いかなと思います。

普通のティーポットを使っても大丈夫ですが、下記のような保温保冷が出来るタイプもウォータージャグがあるので、こちらでも良いですね。

 

お店みたいで、気分が盛り上がるね!!

まとめ

如何でしたか?

実際はあまり使う機会はないかもしれませんが、このようなものがあるだけで、専門店のような雰囲気も醸し出せるかもしれませんね。

雰囲気も大事だからね!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事